靴の寿命を延ばす方法

靴を使い捨て感覚で使うのも良いですが、良い靴は手入れさえ行えば、いつまでも使えます。そこで、靴の寿命を伸ばす秘訣をビジネスシューズを例にご紹介したいと思います。

サラリーマンならビジネスシューズを毎日履いていると思います。では、何足のビジネスシューズを普段使っているでしょうか。さすがに一足だけという方は少ないと思いますが、一般に3足あり、それを順番に履くと長持ちすると言われます。つまり、一週間に2回履くペースですね。靴も休ませてあげることが大切なのです。また、タイプの違う靴を揃えておくことで、出勤も楽しくなると思います。

次に、帰ってきたらシューズキーパーを入れます。シューズキーパーはけっこうなお値段がしますが、型崩れ防止になり、長持ちの秘訣につながります。

さらに、かかとのゴムが磨り減ってきたら、「靴 修理」屋さんでこまめに交換するようにしましょう。特にゴムが片方だけ減った状態で使い続けると、どうしても靴が斜めになってしまいます。そうすると、一方の側に体重がかかり、その部分の革がへたりやすくなってしまいます。また、ゴムを交換すると、からだのバランスがまっすぐになり、歩きやすくなりますから、健康にも良いと思います。

そして、靴を丁寧に磨いて、オイル成分を補給してあげましょう。ピカピカになりますから、気分も良くなると思います。特に汚れがひどいと感じたら、「靴 クリーニング」専門店で本格的に磨いてもらうのも良いでしょう。

かばんの修理クリーニングについて

昔、道端や駅の構内などに靴磨きのコーナーがあって、そこでよく出勤前のサラリーマンたちが、靴磨きのプロたちから靴を磨いてもらっている光景を見かけたものです。やはり、プロの磨きは格別で、靴の輝きが違って見えました。でも今では、そのような靴磨きをほとんど見かけなくなりましたね。

しかし、10分でさっと磨き終える靴磨きではなく、より専門性の高い「靴 クリーニング」が、「靴 修理」などを行っている専門店などで行われているようです。自分では落としきれないようなひどい汚れを落としてもらったり、靴の素材が複雑で、どのようにクリーニングをしたら良いかわからない場合などに大変重宝します。

靴には革靴もあれば、布やスエード、合皮など、いろいろな素材のものがありますから、一様に靴墨を塗って磨くというわけには行きません。また、形も様々ですから、パンプス、ビジネスシューズ、スニーカー、ブーツなど、種類に合わせたクリーニングになってきます。

また、しばらく放置していたためにカビが発生してしまったような靴も、きれいに磨いてくれます。カビは革の奥まで浸透しているので、ただ表面を落としただけではだめで、奥に浸透したカビをしっかり殺菌する必要があります。「靴 クリーニング」専門店では、特殊な洗剤を使って、カビを根こそぎ退治して、きれいにしてくれます。カビが発生したからといってあきらめるのは早いですよ。

 

靴のサイズ調整

足の形が幅広くて、長さはあっているのに、どうしても幅は締め付けられてきついという人が少なくないようです。靴をかっこよく見せるためには、幅広いよりも細身のほうが良いので、どうしても細いデザインの靴が多いのです。

また、バーゲンセールなどでサイズの合わない靴を買ってしまうということがないでしょうか。.5cmくらい合わなくてもなんとかなると、強引に買ってはみたものの、やはりきつくて結局はかなくなってしまう。こういうのってもったいないことですよね。

実は、「靴 修理」・「靴 クリーニング」専門店に行きますと、靴のサイズを伸ばして、若干ではありますが靴のサイズアップを行うことが可能なんです。

どうやって靴のサイズアップをするかと言うと、専用の機械で強制的に革を伸ばしていくのです。しかも、一週間くらい時間をかけてゆっくりと伸ばしていきます。短時間で強制的に伸ばすことも可能ですが、縫い目が避けてしまうことがあるので、ゆっくり時間をかけて伸ばしていきます。

料金もわずか1500円程度なので、痛くて我慢している肩はぜひ試して見ることをおすすめします。なお、サイズを大きくしたい場合も可能です。その場合は、インナーパットに特殊なスポンジを使ってインソールの下に入れます。